CRAが買い手市場であるという実態は今後も変わらない。むしろ常態化の傾向にある。それには万能細胞とCRO組織の存在が大きいと現状から報告。

CROに転職することのメリットとは何ですか?将来性は?

CROも大手になると治験だけではなく創薬の研究まで行なっています。

CRAへの転職希望者にとっては、これまで以上の魅力を享受することができます。

・転職率が高いのが最大の利点。

CRAのステージである治験には、2つの大きなトレンドがあります。

1つは国際共同治験が加速することで、CROへの委託が増加していること。

そしてもう1つがM&Aによって、幅広い開発体制を構築しつつあるCROが増加しているという点です。

CROもいまや組織が巨大化し、それと同時に多くの臨床案件を抱えるようになっています。

臨床案件の数は、CRAの人材数が多いことを意味しており、メリットとしては転職率がそれだけ高くなるということです。

≫≫関連ニュースのご紹介:がん「光免疫療法」、国内10カ所で治験開始へ 米製薬ベンチャー

・業容拡大で魅力を増すCRO組織。

大手のCRO組織では、製薬会社の臨床開発はもちろん、大学病院の医師がイニシアティブをもつ医師主導型の治験を受託したり、創薬研究の提案を行なったり、また工業化・大量生産・合理化のための製薬研究にも乗り出しています。

組織を盤石にして業容を拡大することは、CRAのキャリア拡大にも直結します。

ある意味で、わざわざハードルの高い製薬メーカーに転職するより、CROで働いたほうが、キャリアも幅もつく。

将来的なビジョンがもちやすいといえます。

・製薬会社よりCRO組織に転職したいという人が増えています。

業容が幅広く、キャリア・経験値を積みやすいというのが理由です。

時代の流れといってしまえばそれまでですが、製薬メーカーは“製薬に特化した体制”にシフトしつつあります。

製薬の治験業務はCROへ委託する流れができつつあります。

キャリアの積みやすさ以上に、安定性という意味でも転職するならCROなのかも知れません。